注目の投稿

とくしま漁業アカデミー 平成30年度研修生を募集します【応募締切は平成30年2月28日】

 このブログでは,とくしま漁業アカデミー第1期生の活動状況を発信しているのですが,このたび,来年4月入学の第2期生の募集を開始することになりました。  徳島の漁業を学び,徳島で漁業をしようと思っているみなさま,是非応募してください。   応募の締め切りは,平成30年2月28日...

【徳島大学との連携講座】陸上における海藻培養の技術開発と多角的利用

  徳島県,徳島大学,阿南高専は,平成28年7月15日に「徳島県,国立大学法人徳島大学及び独立行政法人国立高等専門学校機構阿南工業高等専門学校との徳島県水産業の成長産業化及び関連産業の振興に関する協定」を締結し,それに基づく「連携・協力事項」の1つとして,「地域や水産業を支える人材の育成に関すること」が挙げられています。

 8月21日に,徳島大学のご協力のもと,同大学大学院社会産業理工学部(生物資源産業学領域)岡直宏先生を講師に迎え,鳴門市瀬戸町にある徳島大学水圏教育研究センターで,「陸上における海藻培養の技術開発と多角的利用」のテーマで研修を行いました。

 岡先生は,現在までに,藻類や種苗生産に関する非常に多くの経歴をお持ちの方で(岡直宏先生のプロフィールについてはこちらをご覧ください),午前中は,そんな岡先生が,今まで行ってきた業務の内容について講義をしていただきました。特に「食品としてだけではなく,機能性食品の原材料やイベント時のアイテム,観賞用など,いろいろな方向への販路を複数準備しながら技術開発を行う」という考え方と,それに基づく成果については,研修生一同非常に興味深く感じたところでした。


 午後からは,現在先生が実施している紅藻「ミリン」の研究に関する実習を行いました。

陸上水槽で培養している「ミリン」。ミリンは陸上水槽でも比較的容易に増えるので,食品やアワビ等の飼料など,さまざまな利用方法が見込まれる藻類です。

「ミリン」を食品として利用するにあたり,試食を。。。シャキシャキしていていくらでも食べられそうでした。

現在ミリンの効果的な増殖方法を研究しているとのことで,そのお手伝いをさせていただきました。時間を変えて様々な大きさに裁断したミリンをシャーレに入れる作業。

岡先生の研究室では,ミリン以外の藻類もあります。これはマコンブ。なお,コンブは北海道のものと思われがちですが,徳島県でも一部の地域でコンブが養殖されています

 海藻は,水中の栄養分と光(と好適水温)があれば生長します。そこで,岡先生は,過去に観賞用海藻として「ぷちも」という商品を開発し,一時期はバカ売れしたそうです(ネットで検索してみると,今でも販売している様子です)。最後その「ぷちも」を作成し,この日の研修は終了しました。