注目の投稿

とくしま漁業アカデミー 平成30年度研修生を募集します【応募締切は平成30年2月28日】

 このブログでは,とくしま漁業アカデミー第1期生の活動状況を発信しているのですが,このたび,来年4月入学の第2期生の募集を開始することになりました。  徳島の漁業を学び,徳島で漁業をしようと思っているみなさま,是非応募してください。   応募の締め切りは,平成30年2月28日...

7回目の現場実習

7回目の現場実習は,7月24日から28日にかけて,小松島市和田島でぱっち網漁業の実習を行いました。

小松島市和田島は,県内のぱっち網漁業の一番の拠点。港内にはぱっち網の漁船が並びます。

操業に使われる「ぱっち網」。相当な大きさです。

出港は早朝。

漁獲状況にもよりますが,お昼前には,漁獲物を載せた運搬船(「ジャッカー」)が戻って来ます。この間,魚群があれば,網船は沖で操業中。

漁獲された「しらす」は,新鮮なうちに加工場に運ばれます。

洗浄・ボイル・機械乾燥までは自動で行われますが,和田島では「天日干し」を行っており,その部分は手作業となります。まずは機械から出てきたしらすを「ざる」に入れます。

天日干し作業も研修させていただきました。

和田島漁協の皆様,ありがとうございました。
和田島漁協のホームページはこちらです。