注目の投稿

とくしま漁業アカデミー 平成30年度研修生を募集します【応募締切は平成30年2月28日】

 このブログでは,とくしま漁業アカデミー第1期生の活動状況を発信しているのですが,このたび,来年4月入学の第2期生の募集を開始することになりました。  徳島の漁業を学び,徳島で漁業をしようと思っているみなさま,是非応募してください。   応募の締め切りは,平成30年2月28日...

4回目の現場実習

4回目の現場実習は,6月12日から16日にかけて,紀伊水道のど真ん中に浮かぶ離島の「伊島」で,赤物縄と一本釣りを行ってきました(今回も操業時の写真はありません。すみません)。伊島漁協の皆様,大変お世話になりました。

四国本土から伊島までは,連絡船「みしま」で30分。1日3往復しています。


まずは伊島の漁村の様子を見て回りました。

次いで,伊島漁協の荷あげ場で,漁獲物についての説明を受けます。

出漁に備えての仕掛けづくり。

赤物縄の仕掛け。

出漁します。

出羽島の赤物縄ではキダイが中心でしたが,こちらではアマダイが漁獲の中心でした。同じ「赤物縄」でも,漁場により魚種が異なってきます(写真のアマダイは研修時に漁獲したものではありません)。

一本釣りはその時期時期で漁獲対象が変わりますあ,今回はアジがメインとなりました(写真のアジは研修時に漁獲したものではありません)。

大きなマダイを釣り上げた研修生もいました。そのほか,一本釣りで思うように漁獲がなかったため,先輩漁師と一緒にジギングをした研修生はブリも釣り上げていた模様。